こんばんはゲロスだよ
このブログは15歳年上の夫タタと、3歳の息子ゴマ、そしてアラサーの妻ゲロスの3人家族が織りなす
愛と感動とおげひんの日常を描いております。

※現在コメ返は時間の関係上できていませんが、全てムッチャ嬉しく読ませてもらっています。ありがとうございます。




皆さん久しぶり…
アタイ…更新出来ない間こんなよるを過ごしていました…
IMG_2010

IMG_2007
縦横無尽、そのような言葉がぴったりの周りっぷりで
でんぐりかえりが止まりませんし、横向きにもゴロゴロ転がり、
いくら幼児が身体を動かすのが楽しいにしても、
何故…?と聞きたくなるくらい回るのです。


寝かしつけまでの1日がどれほど頑張って穏やかに子育て出来たとしても
ゴール間近の、もうすぐ…もうすぐ絵を描けるのだと…心待ちにして寝かしつけに入った
アタイがこの状態を30分ほど過ごしたならば、もうキレずにはいられないわけです。
えぇ、全然人間出来てないのです…
IMG_2006

………が!!!
IMG_2005
他にも、お鼻が出たから鼻吸い器のある一階にいこう、など様々なパターンがあります。
この時の、悲しいこと悲しいこと………
でも、トイレに行きたい、という真っ当な願いを断るわけにもいかず、トイレに連れていく…


IMG_2004
IMG_2003
そしてゴマが寝た後、絵を描きたい気持ちは0になっている…







怒ってしまった罪悪感で絵を描きたい気持ちが消える…
子育ては、時間も、金も、そして個人の気持ちすらも、かけないと成立しないのでしょうか…
絵を描くのが本当に好きだけど、そっちに気持ちが傾くと子育てに割ける気力が減ってしまうのがだめだと思う。