こんばんはゲロスです
全然更新出来てないねーコメ返も出来てませんね、ごめんなさい
この夏休みに更新するつもりでストックしていたものを
載せてみようと思います。



私の出産の話です。
妊娠中のことからはじめていこうと思います。









ゲロスには姉ちゃんがいます。
姉は、高校生の頃から付き合っていた彼に、
高3の時プロポーズされ、すでに決まっていた進学先を辞退し、
1年間若いふたりはお金を貯めて19歳の誕生日に結婚しました。

そして1年後20歳のときに第一子を産みました。
その時私は17歳でした。その時、陣痛に苦しむ姿を私に見せてくれました。

第二子を22歳で産んだ時、私を出産に立ち会わせてくれました。

今では3児の母である姉。
私は10代の後半から20代の前半にそんな姉の姿を近くで見ていました。
妊娠や出産は、私の憧れでした。


IMG_0322



姉は美しく、強かった。
母になるということ。
愛する人の子を生むという事。
どれほど素晴らしいことかと思いました。



だけど、私にはその機会はなかなか訪れませんでした。
報われない恋愛をいくつかしました。
悲しいことも多かった。
IMG_0323

その頃私は荒れていて、全然自分を大切にしていませんでした。
タバコを吸っていたし、無理なダイエットをして不健康なレベルで痩せていました。
将来子どもを産む、大切な身体だという事はもう忘れていました。
自分にはそんな機会がこないと思い込んでいて、実際タタと付き合っていた頃も
子どもは欲しくない。と言ったことがありました。


でも、そんな風に自分を大切にしなかった私も有り難いことに
結婚して、子どもを妊娠することが出来ました。
IMG_0324
とても嬉しかった。
本当に奇跡みたい思えて、とても幸せでした。

そんな中
妊娠後期の検診で
IMG_0325
逆子だと言われました。


続く。